突然の葬儀に備えるために

当然ながら大抵の場合、葬儀の場は突然訪れるものです。不謹慎な話ではありますが、明日にでも親しい方の訃報が届くかもしれません。


もし万が一そのようなことがあった場合、備えがなければ慌ててしまいます。


さて、どのような備えがあればよいのでしょうか。
まず葬儀の際に気にしなければいけないことは服装です。

基本的にはブラック系のフォーマルな格好をしていれば大丈夫なのですが、その際に必要になるものとしては黒ネクタイと黒い鞄です。
黒ネクタイは普段使わないものなので、持っていない方はこの機会に買い揃えておきましょう。また、普段黒い鞄を持っていない方も同様に買っておくと良いでしょう。


次に気にしなければならないことはご焼香です。



ご焼香の機会はそう何度も訪れるわけではないため、事前のチェックが必要となります。


その事前準備ですが、まずは葬儀の行われる宗派を確認しておくことが必要です。なぜなら、ご焼香は宗派によってご焼香のやり方が多少異なっているからです。



宗派がチェックできたら、その宗派ではどのように焼香を上げるのか確認しておきましょう。



もし万が一、確認することを忘れてしまった場合は、前の人に倣って行いましょう。

葬儀において最も大切なことは、故人を思う気持ちではありますが、マナーがなっていなければその気持ちも台無しになってしまいます。

葬儀の流れをきちんと頭の片隅に入れて置き、周りの方々に失礼のないように参列しましょう。