葬儀の種類によってマナーが違う

葬儀とは人が亡くなり、宗派や故人の遺志などにより決まった方法で送り出すために行う葬送方法で、色々な種類があります。

もちろん宗派の数だけありますが、地域性などもあるようです。



普通は仮通夜、通夜、告別式、火葬場、納骨となるのですが、この場合は訃報を知った人が弔問に訪れたり、香典を持ってお焼香に来たりします。

ですが、家族葬という葬儀方法は、これを辞退する場合があります。故人の遺志や、遺族の意志でごく身近な家族や兄弟、親族稀に親しかった友人などのみで葬儀を行う事があります。



これを家族葬と呼びます。

家族葬の場合、行う側はその旨あらかじめ訃報を知らせる方に知らせておくのがマナーです。

家族葬の為、弔問、供花、弔電、焼香、香典などを辞退しますとお知らせしないと、知らない方は弔問に来てしまいます。
ご足労かけた上に、弔問は受け付けないと断るのは失礼ですし、故人の印象が悪くなったり、その後の人間関係にも影響が出る場合もありますので、そのようなことがないようにあらかじめお知らせのご案内をしておくとよいでしょう。


また、家族葬であると知らされた側は、自分が弔問できるかどうかを知る方法があります。

遺族から直接訃報を知らされた場合と、頂いた訃報のお知らせに葬儀の場所や時間などが明記されている場合です。

弔問する際は礼服で失礼のないようにします。



普通は葬儀の後に精進落としの軽食が出ますが、家族葬の場合でない事も多いので、その時は長居をせず、喪主に一声かけて速やかに帰宅しましょう。