日本で行われる葬儀の変遷

日本で行われる葬儀は、よく想像されるものとしては仏教式のものが多いのではないでしょうか。


よくドラマなどで見られる葬儀のシーンでもそのようなシーンはよく描かれていると思います。


仏教式のものは、仏僧による読経や焼香などを中心としたスタイルで行います。

そのような儀式を、家族や親類だけでなく、その故人の友人や近隣の住民や仕事関係の人など、故人と何らかのかかわりがあった人を誘って開いていました。
そして、荘厳な空気の中で丁重に送り出すというようなものでした。



その後では、集まって人たちで食事をして、故人の記憶をたどりながらその故人との思い出を振り返る、というようなことも葬儀の大切な一部分として知られていました。

しかし最近では、都市部を中心としてそのような大規模の葬儀が少なくなってきているようです。



少子高齢化や核家族化の進行、または近所づきあいの減少から地域共同体としての意識の低下、そして収入減や安定雇用の崩壊から来る生活不安からそのような儀式にお金をあまりかけられなくなってきた、というような原因から、それは起こっているようです。


そのため、家族だけで行うような小規模なものが多くなってきているという現状です。さらには、無宗教化が進んでしまっているために、そのような仏教に則った葬儀を行わない、というような風潮も広がっているようです。


形式的なものだけではなく、故人らしさを大切にしたものにしたい、というような考え方も広まっているようで、徐々に伝統的な形で行われるものが少なくなってきているのです。